会計士の次のスキルとして税理士を

現在、企業、特に上場企業においては、四半期単位の連結決算対応を行なうことが一般的であり、また海外からの投資家も増えていることや、グローバル展開が加速していることから、各国の会計基準に即した対応が求められるなど、会計士に対するニーズが高まってきているといえます。

とはいえ、会計士に関しては、上記の通り、国際的な会計基準へのコンバージェンスが進む中、グローバルな競争が激化してきているといえます。

このグローバルな競争の中で、会計士として生き抜くためには、更に会計知識を深めるということも必要ですが、新たなスキルを身に付けて、2つの専門性を持つことで差別化するということも1つのオプションです。


この2つ目の専門性として、特に望ましいのが税理士です。なぜなら、企業の「お金周り」の業務とは、いわゆる会計関連部分と税務関連部分に分かれており、税理士としてのスキルを身に付けることで、企業のお金周りをワンストップで対応できるようになるからです。また、税理士としてのスキルを身に付ければ、税務業務は当該国の中で閉じたドメスティックな部分もあることから、税理士スキルがグローバル競争からの参入障壁ともなります。


こうした意味で、税理士のスキルが、会計士だけのスキルから競争環境を変化させ、自身の優位性を高めるための大きな要素になります。更に、現在、企業のグローバル化に伴い、税務申告なども複数の国を跨るケースが多数出てきており、そうした際に、税理士として対応ができると共に、企業の業績に与える税務的な影響を、財務諸表面も含めて全体を俯瞰して対応できるということになれば、その人材の付加価値は益々高まっていくといえます。
こうした点を踏まえて、会計士の方々においては、自分のスキルの強化策として何を考えるのか、特に同じような資格・スキルを持つグローバルな人材とどのように差別化するのかを意識して、日々の能力向上を行なうことが望ましいといえます。

税理士は税金に関する知識や技術を持っている心強い存在です。


税務代理、税務書類の作成、税務相談を税理士は行う事が出来ます。
税務代理の業務は、公的機関による税金に関する調査の立ち会い、法人又は個人の税に関する申告や申請あるいは請求又は不服申し立ての代理代行等があります。公的機関による税金に関する調査の立ち会い時には、専門的なスキルを活用する事によって毅然とした対応を取る事が出来ます。



申告は納税申告です。


申請は税金に関する申請です。請求は納め過ぎた税金がある場合の更正の請求や、差し押さえの変更を求める事が出来ます。


不服申し立ては、公的機関の決定に不服がある場合に、調査及び処分に対する主張を行う事です。


税務書類の作成は、公的機関に提出する為の書類を作成する事です。


税理士自身が責任を持って判断します。
月次業務と年次業務に大別されます。



月次業務は、資産表の作成、伝票整理、総勘定元帳、源泉所得税納付書、給与計算、給与明細書の作成などがあります。



年次業務は、決算書、確定申告書(作成及び申告)、中間決算書、年末調整、各種申告書の作成などがあります。税務相談は、税理士は税金に関する相談を受ける事が出来ます。

税金に関する相談を受けた税理士は、必要に応じてアドバイスやサポートを適切に行う事が出来ます。



税理士は税金に関するプロフェッショナルです。



一人一人の税理士には得意分野があり、それぞれスタンスが異なります。



クライアントは依頼内容に適している税理士と契約を締結する事が必要です。

適している税理士を見つける為には、人脈やインターネットを駆使して情報収集を行う事が大切です。

希望に近い人材を複数ピックアップし、実際に逢うことによって受ける印象や相性などを確認する事がポイントです。



基本的に、契約後は継続した関係を築き上げる事が必要である為、信頼の置ける人材を見つける事が望ましいです。



分かりやすい説明を真摯に行う人材がオススメです。


関連リンク

税理士という仕事のメリットについて


国家資格を取得して、仕事に就く方も多く存在しますが、その中に税理士という仕事があります。この税理士は今も多くの人気を集めている資格ですが、なぜ人気を集めているのか、そのメリットなどを通じて纏めていきます。...

税理士試験を受けるには資格が必要


税理士試験を受けるには資格が必要です。学校を卒業するなり簿記の検定を持っていることが税理士試験を受けることができます。...