恐れずに立ち向かいたい過払い請求

どんな長期ローンにも潜んでいる可能性を持っている過払い請求は、恐れずに立ち向かう事が重要なポイントです。ペンは剣よりも強いと言う事で、しっかりとした専門の業者や弁護士に依頼をすれば、あっさりと問題を解決してくれます。

しかも、依頼をすると言うだけでは無料の場合も多いので、しっかりとした業者を選べば、ノーリスクで調べる事も出来ます。


あまりの暴利に悩んでいると言う人はもちろんの事、別に気にしていなかったローンの内容にも、実は過払い請求が潜んでいる事があるのです。
長期であればある程、過払いの可能性は高くなって来ます。


自分は関係ないと思っている人も、試しに調査してみると意外にも過払い請求が発生していたというのは、非常によくある話なのです。


その場合、普段から特に悩んでいなかっただけあり、予想外の収入が入って来る感覚になるので、とても喜ばしい気持ちになれます。
生活そのものが苦しいくらいの暴利に悩まされていると言う人は、その状態をそのままにはせず、問答無用で過払い請求に立ち向かう事が重要です。
消費者金融に立ち向かう際にはなかなかに勇気が必要である場合も多いですが、専門業者達は経験豊富な為、そういった状態に立ち向かう事に関しては慣れてしまっています。


とても信頼出来る人達なので、積極的に頼ってしまう事が重要です。


過払い請求が無くなれば、肩の力を抜いて毎日を自由に過ごす事が出来ます。
借金の問題で悩んでいる人は普段、その事が頭から離れないものですが、解決出来ればとても明るい気持ちになって、また新しい事に向かって歩いて行けるようになります。
自分のこれからの未来を勝ち取る為にも、過払い請求の問題は、早めに解決する事が大切なポイントです。

一度経験をしておけば、今後ローンを組む際にも、必然と注意をする事になります。
そして、二度と同じ目には遭わなくなるのです。

良い経験と取ってしまえば、前向きに立ち向かう事が出来る様になります。


過払い金とは、グレーゾーン金利で借り入れをしていた場合に発生することが多く、金融業者との取引が10年以上続いている場合には、ほとんどの場合、過払い金が発生します。
実際、まじめに月々1万円の返済10年以上続けているが、支払いがいっこうに終わらない等がある場合には、金融業者に取引履歴を開示してもらうことをオススメします。

弁護士や司法書士に依頼する方法もありますが、自分で金融業者に連絡をして、取引履歴を開示してもらうことは可能です。

自分でする場合には、いつ頃から借り入れをしたのかを覚えておくと、有利になります。


なぜなら、自分で取引履歴の開示をする場合、金融業者が自分たちにとって、不利な情報を開示しない場合があるからです。では、実際に過払い金が発生する過程をみていきましょう。

まず、金融業者に電話もしくは手紙で取引履歴の開示を依頼します。
次に、金融業者から郵送されてきた取引履歴を確認し、借り入れた時期があっているかどうかを確認します。


借り入れた時期から開示してあった場合には、金利の欄及び、借入金額と支払金額の合計をみます(金融業者によっては、金利を記載していないところもあります)。
ここで、確実に過払い金が出ている場合があります。
それは、借入金額よりも支払金額が多く、かつ、金利が29%以上になっている場合です。

この場合、必ずと言っていいほど過払い金が出ます。

逆に、確実に過払い金が出ていない場合があります。
それは、借入金額よりも支払金額が少ない場合や、金利が15%以下になっている場合です。

過払い金が出る前提として、金利が元本が10万円未満の場合には、20%・元本が10万円以上100万円未満の場合には18%・100万円以上の場合には15%と法律で決められているからです。

過払い金が絶対に出ると分かった場合や、どちらか微妙な場合、引き直しをします。

これは、上で書いた金利で、貸し借りの計算をし直すことです。
インターネット上に引き直しのサイトがありますので、それを利用します。

最後に、引き直しをした結果、過払い金が発生していた場合には、金融業者に対して、返還請求の手紙を送ります。


ここで、注意しなければならないことは、金融業者が全額返してはくれないという事です。裁判でも起こさない限り、全額返還してくれる業者はまず、無いと考えておくべきです。

















関連リンク

税理士という仕事のメリットについて


国家資格を取得して、仕事に就く方も多く存在しますが、その中に税理士という仕事があります。この税理士は今も多くの人気を集めている資格ですが、なぜ人気を集めているのか、そのメリットなどを通じて纏めていきます。...

税理士試験を受けるには資格が必要


税理士試験を受けるには資格が必要です。学校を卒業するなり簿記の検定を持っていることが税理士試験を受けることができます。...