国による税理士資格取得の支援

税理士試験に合格することが税理士資格取得への第一歩となりますが、独学で学習するのは難しいため、税理士を目指す多くの受験生が専門学校に通っています。


しかし、専門学校に通うには多額の資金が必要になってきます。
税理士試験では5科目に合格する必要があり、最短でも2年は専門学校に通い勉強することになるため、受講料は数十万円にもなってきます。

資格取得を志すも受講料を払えないため諦めてしまうという方も中にはいます。

そんな方に利用してもらいたい国の制度があります。

それは教育訓練給付です。
教育訓練給付とは、労働者が自ら費用を負担して厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講・修了した場合、その支払った費用の一部を国が負担するという雇用保険制度の一つです。

この制度の適用を受ければ、支払った費用(受講料や入学金等)の20%(10万円が上限となります)を国に負担してもらうことが可能です。
教育訓練給付の適用を受けるには要件を満たす必要があります。



まず、雇用保険の被保険者である又は被保険者でなくなってから1年以内である必要があります。

そして、雇用保険の被保険者期間が3年(初回に限り1年)以上であることが求められます。給付の対象となる講座については、どのようなものでも良いわけではありません。厚生労働大臣の指定を受けている必要があります。



受講を考えている税理士講座が、厚生労働大臣の指定を受けているかどうかを確かめる方法としては、ハローワークで指定を受けている講座の一覧表を確認できる他、教育訓練給付の対象となっている講座を検索できるサイトもあるので、それらを利用すると良いでしょう。


税理士試験を目指す受験生の中には、会社に勤めている方もたくさんいます。


そのような方であれば、教育訓練給付の支給要件を満たすことは難しくありません。

税理士講座を受講する前に、雇用保険の被保険者期間が3年(又は1年)以上あるか、その税理士講座は教育訓練給付の支給対象となる講座であるかをよく確認しておくようにしましょう。
税務調査に入る前には経理関係部署は全員が緊張します。



これは、経験豊富なプロである税理士においても同様です。


本来会計というものは、記録と慣行と判断の総合的所産であると昔から言われているように、税務調査はフタを開けなければ結論が出ません。



さらに法律には必ず解釈が伴います。


解釈の仕方で議論が分かれ、価格移転税制など、未だに完全な正解が存在しない問題も多数あるのが現状です。



日本の税法が整理されてきた現在では、適切な会計処理をしているつもりでも、どこかに問題があるのではないかと心配になるのは当然のことです。



準備の中でも、リハーサルをすることの意義は、本番さながらの訓練をすることにより、調査官への正しい受け応え方を身につけられることばかりではありません。

会計処理のミスを見つけることができることのほか、帳簿類を初め、必要書類の再チェックもできるといったメリットが得られる点で非常に有利となります。
リハーサルは本番と全く同じ状況と設定で、税理士の指導の下で行う必要があります。リハーサルでは、調査官には税理士と、経理の仕事に精通すた2名ほどの社員が担当し、回答する側には、実際の調査の際に対応する経理担当者が座ります。



リハーサルは経理を預かるリーダーと税理士の指導通りにするにが基本ですが、実際に対応する経理担当者にしても、どのような姿勢で臨んだらいいのかを事前に知っておけば、本番においてアドリブにも対応できます。


調査に臨む際の最も重要な点は調査官の立場に立って考えることです。



調査官が調べようとしていることの予測がつけば、対応も楽になります。


調査官は長年の経験からミスや不正の申告についてのパターンを理解していますので、経理担当者としては、国税庁や各地方局が発表している法人税の課税実績という統計資料などをもとに、これらのパターンを税理士とともに推理した上でリハーサルに臨むことが有利です。また調査官の質問に対する答え方を税理士の指導のもと、的確にできるよう訓練することも必要です。

関連リンク

税理士という仕事のメリットについて


国家資格を取得して、仕事に就く方も多く存在しますが、その中に税理士という仕事があります。この税理士は今も多くの人気を集めている資格ですが、なぜ人気を集めているのか、そのメリットなどを通じて纏めていきます。...

税理士試験を受けるには資格が必要


税理士試験を受けるには資格が必要です。学校を卒業するなり簿記の検定を持っていることが税理士試験を受けることができます。...